復刊リクエストに御協力をお願いします

復刊リクエストに御協力をお願いします。

 入手困難なレア書籍の出版をされている復刊ドットコム様にて、
まつはらともふみ書籍数点が復刊リクエスト中です。
おひざのぽぽちゃん赤プリン、フェレフェレ☆ま~ぶる、フェレ天使☆)

 

投票方法

step1 ↑上記【書籍名】か【No image】をクリック。投票ページへアクセス。
step2 ログイン状態で「投票する」ボタンを押してください。
そのまま登録フォームへ移動します。

※投票には別途会員登録(無料)が必要です。
step3 この本を希望する理由を書いて投票をクリック。

投票完了! あなたの1票が形になりました。

主催社

復刊ドットコム
まつはらの初コミックスとなる 
『サイボーグ009 00学園危機一髪』
の出版元です。

参考メモ  
サイボーグ009 00学園危機一髪

石ノ森章太郎先生原作『サイボーグ009』のTVアニメ(2001年)版コミカライズ。
小学館別冊コロコロコミック連載。新世代小学生読者向けに
SD(スーパーデフォルメ)
ギャグ漫画として企画され、原作009の枠を外れたぶっ飛んだ内容を求められ続けた
結果の作品。

本編75Pと少ないため、コミックス化時におまけ収録用として15年降りの新規執筆も。
009版動物絵本漫画は担当編集氏の注文により実現したもの。

復刊における徒然記・・・・

 『00学園危機一髪』の場合は連載当時には単行本されておらず、埋もれた漫画でした。

 復刊ドットコム編集部にたまたま石森プロと長く仕事され
てる編集者さんが在り、『00学園』も連載当時から御存知で、
その方が御自身で企画を推し進められたのだそうです。

作者がほとんど無名なので編集会議では当初「誰?」って
冷めた反応で、企画を通すのはかなり難儀だったご様子で。
それでも、009ファンクラブ同志の方達と連携して地道に
広報活動を続けられて、出版署名集めをし、何度か憤死した
企画書を最後は通されたという。
そんな編集者魂の話も伺っております。

 この間のご苦労を、僕は出版後のかなり後に知りました。
僕は描く事にのみ集中できる環境作りをして頂いてたんだと
後になって気づいて、本当に有難い事だと感じました。
今はもう担当編集者さんには足を向けて寝られない思いです。
一冊の書籍は人と人との繋がりから・・・と願いの一つが
具現化した気もして、感無量だったりもしたものです。

補足・・・・復刊イベントについての後悔と、今後への思い

『00学園』コミックス発売開始時には「サイボーグ009
コミカライズシリーズ販売記念」として、東京の書店で
サイン会が開かれています。
僕も先生扱いで招待を受けていたのですが、体調面で不安が
ありまして無理を言ってそちらは欠席させて頂きました。
(シリーズ1巻作者・シュガー佐藤先生のみのご出席)

こうした販売イベントの有無は初動売上に響くそうですし、
関係者の皆様には大変失礼を致しました。それに何より、
期待されてた購読者の方には申し訳ありませんでした。

もし次に何らかの機会がありましたら、自分の出来る範囲で
そうしたイベントにも参加させていただければ幸いです。

次の出版へ向けて

 『00学園』編集者さんからその後「他に何か出版したいもの
ありますか?」と訊かれたので、思いきって絵本漫画を挙げて
みた所、それで構わないとのお返事を頂きました。
と言っても、これは出版の確約を頂いた訳ではなく、「企画を
通すために、今後も折を見て打ち合わせを続けましょう!」と
いう意味合いになろうかと思います。

復刊ドットコムで復刊されるためにはやはり基本的にリクエスト
を通すのが正式な方法なのだそうです。
『00学園』の時にはそういう段取りは無かったのですが、あれは
『サイボーグ009』という大ブランドありきの特例でしょうね。

 さて、復刊企画が通る判断材料として重要なのは・・・・

 ◎一定数の購読者が見込めるか
 ◎購読希望者や推薦者からの熱いメッセージがあるか

といった所になりそうですが、下の条件の方を大きく推してる
印象で僕はそこに出版社サイドの拘りを感じてます。
先の編集者さんは僕より年上なベテランの方ですが、「良い書籍が
作りたい!」って情熱が伝わって来ますし、かなりの粘り腰で
『00学園』も細部に拘った書籍に仕上げられてました。
そういう所を僕自身見た上で、熱いメッセージほど大きな力はない
ような気がしています。

僕は机にかじりついて黙々と描き続けるのが性に合ってるようで、
人の多い場所に出かけるのが苦手と言うか大衆への恐怖感みたいな
ものもあって宣伝も下手なのですが、「ネットに記事を書く事も
大きな意味がある」と編集者さんに教えていただきまして。
こうして少し思ってる事を記しておく事にしました。

僕にどれだけ支持者がついてくださるかは分かりませんけれど。
とにかく、まつはらともふみの絵本漫画を書籍にしたいと思われた
方には、ぜひ、投票に御協力をお願い致します。

 

©かわいいフリー素材集 いらすとや

駄文のお詫びとお読みくださった事への御礼

ここまでお読みくださって有難うございます。

書店で買える紙書籍の希望メッセージをくださった皆様にも、
この記事内容が届いていれば幸いです。
皆様のご希望にそえるかも知れない可能性が、今少しだけ
見えて来てるでしょうか?

それが実現するまで、もうしばらくお待ちいただけますように☆。

 

©かわいいフリー素材集 いらすとや

2017/02/20 まつはらともふみ 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク