サイボーグ009 00学園危機一髪

サイボーグ009 00学園危機一髪


 2001年TVアニメ『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』の公式コミカライズ。
『別冊コロコロSpecial』(小学館)連載。全5話。


 

原作:石ノ森章太郎
漫画:まつはらともふみ
出版:復刊ドットコム1,620 円 (税込)
©石森プロ

 御縁の連鎖は、頂いた一冊の書籍から・・・

 漫画家デビュー時に正木秀尚先生から記念に頂いた、『石ノ森章太郎のマンガ家入門』。
何度も読み返してると、デビュー二本目が『サイボーグ009』コミカライズ連載と決まる。
本の中に居たお師匠様が突然目の前に出現したような、不思議な気持ち。
周りの反応は薄かったが、正木先生は喜んでくれた。
第一声は「え?何、それ?!」、次に「マジで?!凄いな!」。

自分でも有り得ない望外な幸運だと思った。
あの時頂いた本が繋げてくれた御縁だと、今でも思わずにはいられない。

 石ノ森先生御本人にお目通りは叶わないれど、『石ノ森章太郎のマンガ家入門』の
中に先生の言葉は在り。
迷った時には、指し示された道標を目指す。

自分の頭で考えなさい。死ぬほど考えなさい。
目に見えないもの、耳で聞こえないものを感じ取りなさい。
答えは必ずそこに在る。

そう教えられてる気がして、ひたすら山を登って行く。
自分には過ぎた山の筈だけど、ただ道標しか目に入らず足は動いて行く。

 破壊か?! 創造か?! 

 
 紙の上にいたのは、子供達。
白い紙の上に描かれたただのラクガキだった筈が、ある日ふいに動き出す。
驚くこちらを知らんぷり。子供達は自分勝手に遊び始めた。

こちらの苦労も気に掛けず、あっちへバタバタ、こっちでドタバタ。
聞き分け悪い子供達が癪に障りつつも、前より情が移ってる自分に気づく。

 子供になった009達、
この子達は皆の目にどう映っているのだろう?

同じ子だと気づいてもらえてるのだろうか?

変わらず笑顔で受け入れてもらってたなら、嬉しいけれど。

 単行本描下ろし『夢の中で』 

 『サイボーグ009 00学園危機一髪』の巻末には、
描き下ろし短編「夢の中で」も掲載。
シリアスな絵物語風漫画。

009に愛を込めて。


 『サイボーグ009 00学園危機一髪』コミックス発売中

▼出版社サイト販売ページ

▼Amazon販売ページ

▼楽天販売ページ

▼ヨドバシ販売ページ

 
(※↑暑中見舞いハガキより抜粋。記事投稿季節とは無関係。)


関連サイト

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
スポンサーリンク